中3生のツライ勉強に楽しみを作る工夫

ツライ、つらい中3生の受験勉強ですが、別に、あえてこの苦しみにじっと耐えている必要なんかありませんよね。どうせやらなきゃいけないことなんだったら、ちょっとでも楽しくやろうじゃありませんか。ということで、ここでは、つらーいはずの勉強がすこしでも楽しくなる(?)かもしれないちょっとした工夫をいくつか紹介してみます。

「あと○日で夏休み!!」とか、「あと○日でクリスマス!!」なんて、カレンダーを見て日数を数えてその日をワクワクしながら待っていることってありますよね。このワクワク感は、「あと○日」という具体的な日数をカレンダーで見ているから、より一層盛り上がっているのです。これを勉強にも取り入れてみましょう。勉強する上で具体的に目で見えて、ワクワクすることと言えば、例えば、「やらなければいけないことが減っていくこと」であったり、「完了したことが増えていくこと」でしょうか?

「やらなければいけないことが減っていくこと」や、「完了したことが増えていくこと」が目に見えるようにするには、次のようにします。まず、やらなければならないことを紙に書き出してみえるところに貼っておきます。「やらなければいけないとがこんなにたくさんあるのか・・・」と書き出した紙をみてちょっとブルーになるかもしれませんね。まあそれは目をつぶってくださいね。さて、「やらなければいけないこと」にとりかかりましょう。そして1つ終わったら、紙に書き出していた「やらなければいけないこと」を消していきます。例えば、「よし!完了!!」なんて言いながら。こうして「やらなければいけないこと」が1つずつ消えていく様子が目に見えるとそれだけで、不思議と「ワクワク感」が感じられるものです。

さて、もう1つの工夫をご紹介しましょう。これは、随分単純な方法ですが、意外と効果は絶大です。それは「ご褒美作戦」です。
やり方は簡単。「この問題が解けたら、お気にい入りのチョコレートを1つ食べる。」とか、「11時までにこの問題集が終わったら、録画しておいたドラマを見ていい。」なんていう「ご褒美」を用意するのです。先程の「やらなければいけないこと」とにらめっこしながら、「ご褒美」を用意していきましょう。この作業はご褒美をゲットするまえから既に「ワクワク」楽しい気持ちになれます。そして「やらなければいけないこと」を完了させた時の達成感もより強く味わえること請け合いですよ!!